ドライバーの仕事ってどんなの?誰でもできるの?

ドライバーにはどんな種類があるの?

ドライバーの仕事を大きく二つに分けると、物を運ぶトラックドライバーと人を運ぶタクシードライバーに分けられます。そしてトラックドライバーは使う車の大きさや種類によって更にセールスドライバーや輸送ドライバー、スワップボデイ車ドライバーなどに分けることが出来ます。又タクシードライバーも必要な資格を取得したうえで、介護タクシードライバー、介護保険タクシードライバーなどに分けることが出来ます。

どんな資格が必要なの?

トラックドライバーに必要な資格からお話しします。ドライバーにとって運転免許は必須な資格ですが、運転する車の大きさによって必要とする運転免許が違ってきます。車両総重量が5トン未満の車両を運転するには普通自動車運転免許一種が必要であり、車両総重量11トン未満の車であれば中型免許が必要です。そして車両総重量が11トンを超える車を運転しようと思ったら大型自動車運転免許が必要になってきます。大型免許の場合は車両総重量の縛りが無くなりますのでどんな車も運転でき、就職の時などには優遇されます。

求人の見つけ方で良い方法は?

ハローワークや求人誌、又新聞の求人欄などで探すのも有効ですが、今はインターネットで探すのも大変有効です。うまく活用すれば時間と労力をかなり節約できます。どんな会社が今ドライバーを募集しているかを下調べして、自分の希望や条件に合ったところをピックアップしておき、これはと思った会社に直接問い合わせてみるのです。限られた時間に多くの企業の採用担当者と話ができますので、必ずや良い就職先が見つかるはずです。

トラックドライバーの求人は、ガテン系・物流系を扱う求人サイトに掲載される事が多く、運転をするだけではなく荷物の積み下ろしも行います。