子ども達と過ごす仕事!保育士の仕事内容は何?

子ども達の教育をする

保育士の仕事内容として大切なのは、子どもを教育するということです。ただ、この場合の教育は国語や算数を教えるという意味ではなく道徳的な教育という意味合いです。例えば子どもが友達に嫌がらせをしていたら叱ったり、汚い食べ方をしないように注意するなどです。その他にも衣服を自分の力だけで着られるように見守ったり、清潔な状態を保たせる等教育することは多々あります。これらは子ども達が家でも学びますが、保育園でも学べれば更に成長できます。日々一緒に過ごしていると、子どもが成長する姿を間近で見られるので保育士としてのやりがいを強く感じます。

子ども達とたくさん遊ぶ

子ども達のエネルギーは凄まじく、常に動き回っています。その中で怪我をしないように見張るのも保育士の役目ですが、遊び相手になるのも仕事です。子どもは遊んでくれる保育士を好きになりますし、保育園に通うのも楽しみになってきます。良い時間を過ごすことができれば、子ども達にとって保育園での生活はかけがえのない思い出になります。また、たくさん遊ぶということはそれだけストレス解消になりますし、良い精神状態が保たれます。

細かい作業も多々ある

お遊戯などで使われる道具は、購入だけでなくある程度自作しないといけません。この場合は保育士が作ることになるので、工作が多くなります。また、一日を振り返ってみて子ども達に何か問題が無かったか反省したり、輪に入れていない子どもへの対処法を考えるなど状況によって様々な仕事があります。

人口が多いだけでなく、企業も多い大阪では保育園を利用する人が沢山います。そのため、保育士の求人を大阪探すと周辺地域より仕事が見つかりやすい傾向があるでしょう。