期間工で働こうと思ったら何を比較すれば良いのか知っておきたい

直接雇用と派遣会社経由の2種類の期間工が存在する

自動車や電機メーカーといった業種では、期間工を伝統的に雇っているので何年も続けて期間工として働いている人がいます。直接雇用と派遣会社経由での雇用では、待遇面の違いがあるだけではなく最初の導入や勤務中のトラブル発生時の窓口が違うので、自分から主張出来ないタイプなら派遣会社経由が有利です。何でも自分で問い合わせて管理出来るなら、直接雇用が給与面と待遇面で恵まれています。待遇と利便性のどちらを重視するかで決めると良いでしょう。

寮の生活環境が良ければ期間工は長続きする

期間工として働き始めても、契約期間満了前に退社してしまう人がいます。入社から数日で辞めてしまう人は論外ですが、3ヶ月を過ぎた辺りから人数が減り始めることは珍しくありません。なぜなら、期間工は年間通して働ける人はごく一部の資格持ちまたは経験が長い人に限られるからです。このため、次の期間工の現場が決まっている場合には、契約期間満了を待たずに新しい職場へ移動してしまう人がいるわけです。個室寮にて安全性が確保されていれば、期間工は長続きします。

細かい待遇面は全て書面にて確認しよう

期間工として働く際には、細かい待遇面の不満を持ったまま働き続けないようにするため、細かい待遇面について書面にて確認しておくと良いです。契約期間満了時にもらえる達成ボーナスは、期間延長時に途中で打ち切られたら受け取り出来るのかといった部分を書面にて通知してもらうようにすれば安心出来ます。期間工として働く際には、契約期間満了のタイミングで一旦離職することが望ましいです。

期間工の求人は工場の生産が多くなる時期に増えてきますが主に・自動車・電子部品・機械工作などの業種で募集がかけられます。