シフトの求人もある!?工場での働き方とは

24時間体制の工場もあります

工場求人に応募する時、募集要項をチェックすると2交代制や3交代制などのケースも少なくありません。2交代や3交代と言うのはシフト勤務を意味しており、交代制の工場求人は24時間稼働を行っているのが特徴です。人が寝ている時間帯に働くことに抵抗がある人は日勤の工場求人がお勧めですが、特別こだわりがない人にはシフト勤務の求人は時給が高めなどからもお勧めです。2交代制の場合には、朝8時から夕方6時までの勤務と6時から翌日の朝8時までの勤務などになります。朝8時から夕方6時までの勤務時間は、昼休みの休憩を1時間入れたとして、9時間労働になるわけです。一方、夜勤の場合は14時間労働になるわけですが、実際には仮眠や休憩時間などを設けており、14時間働き続けるわけではありません。仕事には労働基準法と呼ぶ法律があり、1日の所定労働時間が定められているので、無理なく工場勤務を行うことが可能です。

3交代制の場合の勤務について

2交代制の場合は、午後6時などの時間を基準に2つのグループの中での勤務になりますが、3交代制の場合は1日24時間を3で割り、一つのシフト時間を8時間で構成させた形になるのが特徴です。2交代制と比較すると勤務時間が定期的に変わるので、自分にもできるのか不安に感じる人も多いかと思われますが、人間の身体はその時の生活スタイルに順応する形になるので、最初は辛く感じたとしても、すぐに慣れて来ると言われています。3日間働いて1日休みなどのようにローテーションが行われるので、週休2日制のサラリーマンと比較すると休むが定期的に来るので、仕事を続けることができるわけです。

フジアルテの求人情報なら